貧乏暇あり

生活、困りごと、病気、好きなことなどなどつらつらと...

1階に住む叔父家族のこと

1階に住む叔父家族のことを書こうと思う。
叔父というのは旦那の母親の弟。
その嫁は旦那の従姉妹の友達。
そして最近就職した息子。誰もこの息子の年を知らない。


そもそもこのうちは旦那の実家でしてもともとは旦那の祖父母と旦那の叔父さん家族
(旦那の母親の弟 1階に住んでいる叔父さんの兄)が住んでいたのだがそもそも住んでいた叔父さん家族が嫁姑問題?で家出。嫁の実家に家を建て逃げた。
祖父母2人になって大変だろうと旦那の母親が戻ってきた。
祖父母と旦那の母親と住んでいたのだが結婚して別に所帯をもっていた叔父家族だったが
叔父が会社を潰し嫁の親に立ててもらった家を売り叔父さんだけが実家に戻ってきた。
嫁と子供は嫁の実家に帰ったのだが嫁の父親と喧嘩になり家出。
そこで嫁は旦那の母親に電話をかけてきて
わたし死にます。
と。
そういうことを聞いたら
はいそうですか。どうぞ。
と言う人は少ないはずである。
もちろん旦那の母親も
そんなこといわないでうちにおいでよ。
と言った。
嫁が本気で死のうと思ったのかは分からない。
旦那の母親は本気で止めたであろう。
そのとき叔父さんは何をしていたのだろうと思うが
すべて聞いた話なので多少の脚色はあるかもしれない。
で、結局旦那の祖父母、母親、叔父家族の生活が始まった。
叔父家族の息子はその当時小学生でちょっと変わった子でだだをこねたり
思うようにいかないと扉を蹴ったり奇声を発したり壁を壊したりしていたようだ。
祖父が病気になり祖母も弱く面倒を見るのが大変との事で旦那が実家に戻り
祖父母、母親、旦那、叔父家族との生活が始まる。
親類とはいえ共生するにはルールがあるわけでそのルールを嫁がことごとく破りその始末を全くしないため旦那の母親はストレスがたまり体調を崩し始める。
でも祖父の面倒、祖母の通院、家計も助けなければならず睡眠時間を削って頑張っていた。嫁は家のことはもちろん祖父の面倒もみることはなかったという。
働くわけでもない。子供は私立小学校に自分の親に学費を払ってもらい通わせていた。
とある、嫁のルール違反から母親のストレスがピークに達し旦那でも見たことのない鬼の形相で怒りをあらわにした夜があったと聞いた。その次の日母は仕事先で亡くなった。
その後祖父母も亡くなりこの家は旦那の名義になった。
叔父家族が住みだしてもう15年になるだろうか?
ちなみに1階の叔父家族は無賃で住んでいる。
1階を占領し壊し放題汚し放題。直すわけではない。
幾度となく出て行ってほしい旨を話しても
荷物が多いから。
職場が遠くなるから。
と私たちには関係のないことを言い居座っている。
嫁には自分の父親の遺産が入りかなりのお金をもっていた。
同時期に新車のクラウンと新車のプリウスを買い海外旅行に行きまくり散財している。
嫁の母親が去年末に亡くなったがその1週間後に中国へパンダを見に行く無神経さ。
その母親が亡くなる前に母親に全部自分が遺産をもらえるように一筆書かせるといっていたらしく実際あったらしいのだがきちんとしたものだったのかは不明である。
嫁は3姉妹なのに自分ひとりだけ財産をもらおうなど到底無理な話なのだがそれをやろうと思う嫁の性根がすごい。認知症があり夜中徘徊する母親と一緒に住むわけでもなく倒れたところを発見したらしいのだが意識がない母親を担ぎ上げ自分の車で小さな医院に運んだと聞きこの人は人の命を何だと思っているのだろうかと思った。何もしていないのに財産だけは全部もらおうというあたりが一筋縄ではいかない。
ちなみに母親の財産分与について弁護士をいれ揉めているらしい。
叔父さんは月2万円の小遣いを競馬・パチンコにつぎ込み退職金までも嫁に内緒で使い込んだその日暮らしの情けない人である。
叔父さんはお金がないのでこの家を出て行くか?を決める権限がない。
全て嫁次第。
最近就職した息子はぬいぐるみを愛していてまぐろのぬいぐるみにご飯を食べさせていたらしい。ピアノもお構いなしに弾くのだがまあ上手ではない。騒音。夜中に引き出すこともある。
わたしがこの家に住むようになったら出て行く
との話だったが未だに居る。
最初お風呂に入るため1階に行くと叔父さんがリビングにソファベットで寝ているのに驚き私のお風呂の時間が短いと帰りにいちいち叔父さんが
お風呂早いね。ちゃんと洗った?とニヤニヤ。
気持ちが悪い。わたしは若者でもないしそんなこと言われてもたいしたことではないが
同じ家にそういうことをいう奴がいることが気持ちが悪くそれ以来風呂に入るのを辞めた。洗濯機も私たちのものが1階にあるが行くのがいやなため2階で小さな洗濯機でしている。非常に不便である。
料理はカセットコンロとホットプレートでやっている。洗い物は2階の洗面所でやるが
1階で水を使うと2階の水量が弱くなるため極力洗い物はしたくない。
洗髪だけは洗面所でするが風呂は入れないので清拭が主な日課。
旦那は風呂に行こうと良く言うが
今だけさっぱりしてもなんの問題解決にもならないのをわからないのだろうか?


もともと精神的に弱い私がもっとおかしくなる要因がたくさんあるこの家での生活が苦痛でしかたがない。でも住める家があるだけでも幸せなんだと思う。
風呂に入らなくてもたいした問題ではなく1階の叔父家族がいつどのようにしようと思っているのかがはっきりしないのが1番の問題なのだ。


嫁がなんかのきっかけで逆上し私に暴力でもふるってくれないか?と思う。
そうすれば警察沙汰になるので。